こんにちは、ナギです。

ちょうど去年の今頃は、シバンムシと壮絶な戦いを繰り広げていました。その後、引っ越しをしたこともあり、今年は平穏に暮らせております。シバンムシ対策で実施した断捨離が、奇しくも引っ越しに役立ちました。

ちなみに引越し先を探す際、和室のある物件は、どんなに条件が良くても頑なに拒絶しました。シバンムシと戦ったことのある方ならわかっていただけると思います、この気持ち。

そう言えば……と思い出したのですが、
去年のシバンムシ戦ではさんざん断捨離を繰り返し、奴らをほぼ壊滅状態に追い込みました。引っ越しにあたっても、間違っても奴らの存在を新居に持ち込みたくなかったので、さらに物を処分し、わずかな荷物も入念なチェックのうえ箱詰めしたのを覚えています。

現状回復しなければならないので、隙間を塞いだ目地シールもすべてはがし、サッシに撒いたスミスリン粉剤も洗い流しました(今、大丈夫なのかな、あの部屋……)。

●あいつらがあらわれた

で、引っ越し当日。引越し屋のお兄さんがベッドを梱包しようと横倒しにした瞬間、どこからともなく「ザザーーッ」という音とともに大量の茶色い粒が出てきました。そう、シバンムシの死骸です。お兄さんは「うわっ」と一瞬声をあげたものの、慣れているのか、木くずか何かだと思ったのか、何事もなかったかのようにさっさとベッドを包んで運び出していきました。

ちょっと待ってぇえええ!!

た、多分成虫がベッドの隙間に寄り集まってそのまま天寿をまっとうしたんだとは思うし、どう考えてもベッドに餌になるようなものはないと思うけど、万一卵を産み付けられていたらどうしよう……!

引越し先で早々にベッドを購入して入れ替えるまで、生きた心地がしませんでした。ベッドは無印良品の脚付きマットレスだったので、今思い返しても、どこにあの死骸が溜まっていたのかわかりません。

●戦いの終盤に気をつけるべきこと

これでもかと言うくらい掃除して、チェックして、処分しましたが、ベッドは完全に盲点でした。以前もご紹介したように、シバンムシが餌を食べるのは幼虫のときだけですが、だからと言って「餌になりそうなものがない場所では卵を産まない」という保障はありませんよね。

残党が卵を産みたくなったときに城(巣)を築けそうな餌場がなければ、仕方なく適当なところに産むのかもしれません。孵ったものの、周囲にまったく食料がなくて力尽きてしまえば良いですが、微量な何かを餌にして生き延びてしまった場合、次のシーズンに再会するはめになります。そう言えば、木綿の紐を食べた形跡があったんだった……。

終盤こそが勝負です。

殺虫剤を駆使し、断捨離を実行し、シバン城を落城したと思って安心してはいけません。どこかにぽちっと産みつけられているかもしれない卵の徹底駆除のために、「もうこれで全部退治した」と思ったところで、すべての家具と床の拭き掃除、できれば衣類を含む布製品の全洗濯をお勧めします。家具は可能な限り、開けられるところはすべて開け、持ち上げられるものなら傾けたりひっくり返したりしてチェックしてください。

面倒なのはわかります。わかりますが、私も2年にわたって戦った経験の中で、最後のツメが肝心なのは間違いないと思います。快適な暮らしを取り戻すためにも、どうか最後の完全清掃まで力尽きずにがんばってください。

すべてのシバンムシストに幸あれ!!