※ 2015年4月時点の情報です。

博多には、ラーメンにモツ鍋、水炊き、明太子……と美味しいものが豊富に揃ってます。そもそも素材が新鮮なので、何を食べても間違いない! ガイドブックには、いろんなお店が乗っていますが、多分、どこも美味しいだろうと思います。でも、せっかく博多まで行くなら、「ココ!」ってところで食べたいじゃないですか。

というわけで、そんな私が大満足したお店をご紹介します!

●稚加榮
地元の友人に絶対行けと言われていたのが、明太子が有名な博多の高級料亭『稚加榮』です。お店に入るとフロア中央に魚が泳ぐ水槽がたくさん並んでおり、まずその光景に圧倒されます。
201504_08 201504_09

ランチは「和定食」と「そば定食」の2種類ありますが、私は目の前でこれだけお魚見せられたら……とお刺身付きの和定食をチョイスしました。天ぷらや茶碗蒸し、煮付けなど、どれをとっても上品な味付けですごく美味しい! しかもランチタイムは、お土産物としても人気のチューブ入り明太子が食べ放題です。

201504_10

高級料亭だけあって夜はそれなりにイイお値段するのですが、ランチは1,400円ととってもお得です。ランチは限定500食で地元の人も訪れる大人気店なので、12時前にはお店に到着しておいたほうが良いでしょう


●味の正福

「福岡っぽいものか、やっぱり福岡だから新鮮で美味しいね、というものが食べたい」という私の曖昧なリクエストに対して繰り出された友人の提案が、定食屋『味の正福』です。私が伺ったのは天神コア店。その名のとおり、ファッションビルの天神コアの地下1階にあり、周りをアパレルショップに囲まれてひときわ異彩を放っています。

とにかくたくさんの種類の定食があるのですが、新鮮で美味しい魚を食べたいなら調理法(煮る、焼く、生)だけ決めて大将にオススメを聞け、と言われていたのでその通りに実行しました。

「今日は塩焼きにするなら絶対のどぐろ! 値段も他よりちょっと高いけど、これ稚加榮さんとかほかだったら倍の値段するからね! 食べたら笑顔になるよ!」と言われ、奮発してのどぐろ(大)をチョイス。なめらかに解けるような舌触りと塩加減が絶妙で、望み通り、これ福岡だからこのお値段でこの味が楽しめるんだよなあというのを実感できました。隣の人が食べてたカブト煮も美味しそうだったなあ。

●水たき長野
博多と言えば鶏でしょう。というわけで、水炊きが食べたーい! と言った私に紹介されたお店がこちら水たき長野。突き出しの酢モツからしてもう、鶏が違う。鶏自体が美味しいから何をどうしても美味しくなるに決まってるんですが、肉団子も鶏肉もプリプリでたまりません。
201504_11 201504_12
201504_13 201504_14

そしてまた、食べるときに使うポン酢がすんっごっく美味しいんですよココ。酸味と甘みが絶妙な加減で、売っているなら買って帰りたかったくらいです。

さらにびっくりなのがお値段で、水炊きコースをお腹いっぱい食べて、お酒もそこそこ飲んだのに、1人4,000円くらいでした。や、安い……!

当然人気店なので、事前の予約が必須です。予約は、予約日の2カ月前から受付がスタートするので、博多行きが決定したらいち早く電話することをオススメします。

ちなみにこのお店、私が持っていたガイドブックにも載ってはいたんですが、本当に小さーく載っているだけで、これを見ただけじゃ行こうと思わないだろうなあ、という感じ。ガイドブックで取り上げられている記事のサイズが人気に比例しているわけじゃないんですね。

●パティスリー ジャック
ルレ・デセール」ってご存知ですか。世界最高峰のパティシエしか会員になれない菓子職人協会で、日本人で会員になっているのは6人しかいないそうです。そのうちの1人、大塚 良成氏のお店がこちらパティスリー ジャック。私は大濠公園に行ったついでに、大濠公園店に伺いました。公園を出てごく普通の大通り沿いを歩いて行くと、急に垢抜けた佇まいの店舗が現れます。アンティーク調の内装が落ち着いていて、素敵な空間のカフェです。
201504_15201504_16

丁寧に作られていることが伝わってくるケーキは、さすがに美味でした。小ぶりで甘すぎないけれど、食べた後にはしっかりとした満足感があります。思わず日持ちのする焼き菓子とともに、テイクアウト分のケーキまで買ってしまいました(ホテルで美味しくいただきました)。

ちなみに薬院大通駅から徒歩4分の立地に『16区』というお店もあるのですが、こちらはダックワーズを生み出した日本人パティシエ、三嶋隆夫氏のお店です。ダックワーズって、てっきりフランスのお菓子だと思っていたんですが、日本人パティシエが考案したお菓子だったんですね。私は今回そちらまで手が回らなかったのですが、本家本元のダックワーズを味わいに行くのも良いかもしれません。