友人から「博多自体には大した観光スポットはない」と聞いていましたし、ガイドブックを見ても“ぜひ行って欲しいオシャレなcafe”みたいな企画にページが結構割かれていたので、観光に期待していなかったのが正直なところ。しかし、博多初心者が楽しむのには十分なだけの見どころはあったので、各所の所要時間と楽しみ方を併せてまとめたいと思います。

●宿泊先はどこがいい?
さて、観光に出る前に旅で重要な要素の1つがホテルです。今回は夜遊びするのを考慮に入れ、とにかく中心街にある駅で、さらに駅からも近いということで中洲川端駅徒歩1分の『リソル博多』を選んだところ、これが大正解。立地を最優先したのでビジネスホテル風な窮屈さを覚悟していたら、思っていたよりお部屋は広く綺麗だし、向い合って座れるサイズのテーブルもあるし、快適! 展望大浴場があるのもポイントが高かったです。

朝食は、1Fにあるチェーンのイタリアンレストラン『iL CHIANTI』でビュッフェ形式になっています。今回は博多の食を堪能するために利用しませんでしたが、別の店舗に食事に行った経験では、カジュアルに楽しめるイタリアンといった印象です。

もちろん交通アクセスも抜群で、多少買い物をして荷物が出来ても気軽にホテルに戻り、また出発……なんてことがストレスなくできました。何と言っても、駅徒歩1分ですからね!

駅から10分程度歩くことに抵抗がなければキャナルシティに併設されているグランドハイアットや、ワシントンホテルも素敵だと思います。



●大濠公園・舞鶴公園
ちょうど桜の季節だったので、友人に少しお花見をしたいと言ったら「大濠公園か舞鶴公園がいいんじゃない?」とのこと。どっちに行こうか迷ったのですが、とりあえず「大濠公園駅」に行ってみたら、2つの公園は隣り合っていました。どちらも広くて手入れが行き届いており、素敵な公園です。
201404_01

お天気が良かったこともあり、お花見をしている人が大勢いましたが、人が多すぎず少なすぎずのちょうどよい混み具合。しかも、大濠公園の桜はかなり低い位置まで咲いているので、シートを引いてお花見をしている人たちは桜に包まれているような風情です。写真は売店が並んでいるエリアですが、こことは別に桜に囲まれた広い芝生のスペースもあるので、桜の季節でなくてもピクニックにはうってつけだと思います。

一方の舞鶴公園には福岡城跡があり、石垣と桜のコラボレーションが見られました。夜間のライトアップも手がこんでいて、幻想的で素晴らしかったです。

201404_02 201404_03

どの程度のんびりするかにもよりますが、どちらの公園もそもそも敷地が広いので、適当にぶらつくにしても1時間以上は見ておいたほうがよいと思います。


●博多川端商店街~櫛田神社
中洲川端駅からすぐの博多川端商店街は全長400mほどなので、のんびり歩いても20分くらいでしょうか。近隣の人が買い物に行くようなお店の間にたまにお土産物屋さんがあったり、アーケードには博多弁を紹介する垂れ幕が飾られていたりと博多に来たんだなあという雰囲気が味わえます。途中にぜんざい屋さんがあるので、疲れていたら一休みするのも良いでしょう。

わざわざココを目指して行くほどの目玉はありませんが、櫛田神社に行くついでにブラっとするのがお勧めです。

で、博多の氏神様である櫛田神社は、かの有名な博多祇園山笠を執り行う神社です。……ということに、私は後で気がつきました。行こうと思って行ったのではなく、商店街をぶらぶらしてたらたまたま終点にあったからです。「あれ、こんなところに神社が~」と覗いてみたら、祇園山笠が飾られているし、由緒ありげな「力石」が並んでいるし、観光客がたくさんいるし。ガイドブックを確認したら、スーパー観光スポットでした。地域に密着した神社なんですね。

201504_05 201504_06

そう広くはないので、お参りをしたり写真を撮ったり、おみくじを引いてキャッキャしたりで所要時間は30分~1時間程度だと思います。5カ国語でおみくじが用意されているあたり、今どきな感じがしました。

中洲川端駅から川端商店街の散策、辿り着いた櫛田神社を見て、そこからすぐキャナルシティの連絡通路に入るという流れだと無駄なく無理なく見て回れると思います。

●キャナルシティ
劇場やホテルが併設された超大型ショッピングモールです。お店のラインナップは大都市のデパートと変わらないので、建物の外観を楽しんだら、あとはお茶でもしようかくらいのスタンスで良いと思います。ムーミンカフェはさすがに混んでいましたが、スターバックスならば余裕で座ることができました。

地下の吹き抜けにある噴水では定時ごとに噴水ショーがあるので、時間があったらぜひ覗いてみてください。時間によってはパントマイムショーもあったりして、意外と楽しいです。


●太宰府天満宮
そんなベタな観光スポットに~? という話ですが、1カ所くらいいいじゃないですか。博多駅から電車で40分ほどと、大した距離じゃありません。太宰府駅で降りると、駅前からずらっとお土産物屋さんが立ち並んでいて否が応でも観光気分が高まります。観光客はたくさんいるのですが、道が広いせいかあまり窮屈な感じはしません。梅ケ枝餅を買い食いしたり、お土産物を物色したりとブラブラ歩いているとあっという間に太宰府天満宮に到着です。
201504_07_02201504_07

お参りしたり、お土産物屋さんを覗いたり、なんだかんだで半日くらいは遊べます。メインストリートにも飲食店はありますが、ちょっと脇道に入ったところにあるテイクアウトのみの中華屋さんの肉まんや、唐揚げ屋さんの唐揚げも買い食いにはうってつけです。


●東長寺
最終日、夕飯までに微妙に時間が余ったときに訪れたお寺です。祇園駅から徒歩1分の周りにはオフィスビルが並ぶような場所にあるのですが、弘法大師が日本で最初に創建したお寺ということで由緒の正しさは抜群。「絶対行くべし!」ではありませんが、仏舎利が収められた赤い五重塔は写真映えするし、交通アクセスが良いので何かのついでにふらりと立ち寄っても良いと思います。広くはないので、写真を撮るだけなら所要時間30分くらいですかね。

私が訪れた日は悪天候だったにもかかわらず、外国人観光客が大勢来ていました。多分、私が思っている以上にすごいお寺なんだと思います。