こんにちは、ナギです。
年に1度、国内最大級の規模で開催されるカメラの祭典、それが『CP+(シーピープラス)』です。今年も2月12日(木)~15日(日)の4日間、『CP+ 2015』がみなとみらいのパシフィコ横浜で開催されています。

スマホの普及で写真撮影がぐっと身近なものになったことに加え、昔に比べてデジカメの値段も下がったので、デジタル一眼レフやミラーレス一眼を持っている人も増えてきました。

大抵の場合はスマホで事足りるのに、それでもデジカメを買う人は少なからず写真に興味やこだわりがあるんだと思います。悩んで迷って愛機を購入したら、ちょっとカメラのイベントなんかに興味を持つこともあるでしょう。「何かいいイベントないかな」なんて検索してみたら、そこにCP+。「これイイじゃん!」となることウケアイです。

でもね。
CP+は日本最大のカメラと写真の展示会なんです。ほぼすべてのカメラメーカーや関連機材メーカーが総力を上げて自社製品をアピールする空間に、プロやプロはだしのアマチュアカメラマンがモリモリ群がっています。ド初心者がふらっと行くと大体、会場の熱気に「あ、場違いでしたスミマセン……」というしょんぼりした気分になります。私はなりました。

でもね。

彼らはこの年に1度のイベントに気合が入りまくっているだけで、別に初心者を排除しようとか微塵も思ってないんです。確かにすさまじい大きさのレンズやフルサイズ機がずらりと展示されていますが、コンデジやミラーレス、アクセサリだってちゃんと並んでいます。「初心者お断り」だなんて、ひと言も書いてません。雰囲気に気圧されて、トボトボ帰るのはもったいない!

そこで今回は、私が考える超初心者向けCP+の歩き方をご紹介したいと思います。

【その1】愛機とバッグを持って行くべし
持ち物として、まずカメラは必須です。コンデジでもミラーレスでもフルサイズでも、何でも良いので自分のカメラを持って行きましょう。一眼レフの場合、多くのブースでは新製品のレンズを自分のボディに付けて試すことができます。

また、新しいカメラの試用コーナーでは、自分のメモリカードを入れてデータを持ち帰れる事が多いので、メモリカードだけでも持って行くと良いでしょう。

ちなみに、今年のOLYMPUSのブースではOLYMPUSのカメラを持参するとノベルティがもらえ、Panasonicのブースでは先着50名で無料クリーニング&点検が受けられるようになっていました。こうしたメーカーごとの企画もあるので、とりあえず持って行って損はないはず。

次に、A4サイズが入るバッグ。紙袋でもエコバッグでも何でもかまいません。受付でパンフレットを渡されますし、会場内にあるマップやブースで配布される資料など、なんだかんだで荷物が増えるので、1つ袋があると便利です。


忘れてしまったら、各ブースで資料を入れていたり、アンケートに答えるともらえる何かだったりに付属している袋を狙いましょう。両手が空いている状態にしておかないと、会場内の写真を撮るにもカメラを試用するにも不便です。でもやっぱり、ちょうどいい袋を配ってるブースを物色するのは手間なので、最初から持っていったほうが良いです。

【その2】気になったら試そう
各メーカーのブースでは、新製品のレンズやカメラを試用して雑貨やモデルさんを撮影することができるコーナーが用意されています。「一眼レフの使い方なんてわからないし」という方も、この機会に臆せず試してみましょう。

たとえ一眼レフユーザーでも、自分が使っているカメラとメーカーが違えば操作の勝手も違うので、メニューやスイッチがどこにあるかなどはわからないものです。そして、わからないことは説明員さんが教えてくれます。だったら、初心者が質問したっていいじゃない。

もちろん、混雑時に説明員さんを独り占めというわけには行かないので、その辺りは周りの空気を読んで行きましょう。

【その3】証明写真を撮ってくれるブースもあります
免許証の更新に使える証明写真を無料で撮ってくれるブースもあるので、これを活用しちゃおう、という方は髪型や服装も意識して整えて行くといいですね。ここは時間帯によって妙に混んでいたり、空いていたりします。

【その4】セミナーに参加するのもいいじゃない
CP+には、有名な写真家や有識者が国内外から集まります。興味がある講演やセミナーがあれば、ぜひ参加してみましょう。講演は事前登録制のものが多いですが、各メーカーのブースで行われるセッションはふらりと立ち寄れるので、タイムテーブルだけ押さえておいて、気になるものは積極的に覗いてみることをお勧めします。ほかの人がどんなことを考えながら写真を撮っているのかを聞くのも興味深いですし、もし1つでも撮影のポイントを覚えて帰れたら、ラッキーです。

【その5】ライティングにも注目!
試用コーナーでは、ついカメラ(レンズ)だけに目が行きがちなんですが、ライティングにも注目してみましょう。「これで撮った写真、イイね!」と思ってもらうために、照明の当て方も相当配慮されているはずです。

大抵のブースでは写真も展示されていますが、こちらも何気ないようでいてきちんとライティングされています。「どんな風に光を当てているのかな」なんて目線で見てみるのも面白いのではないでしょうか。
CP+_2015

【気をつけよう】
●物販はしてません
CP+では、さまざまなカメラ、レンズ、三脚をはじめとするアクセサリ類が勢揃いしていますが、その場では売っていません。欲しいものを見つけたらメモしておいて、後でお店に買いに行きましょう。

●迷子に注意!
会場内は毎年、非常に混雑します。そして、「大きなカメラを持った似たような背格好の男性」がたくさんいる会場なので、日頃しっかりしているお子さんでも、何かの拍子にパパを見失う可能性が高いです。また、やんちゃ盛りの小さなお子さんだと、ちょっと目を離した隙にあっという間に迷子になること間違いなしなので、もしお子様連れでの来場をお考えの方は、迷子にはくれぐれもお気をつけください。

●食事処は少ない
パシフィコ横浜内にも食事をできるお店はありますが、会場キャパに対して圧倒的に数が少ないです。建物を出て徒歩数分のクイーンズスクエアまで行けばぐっと店数が増えるので、最初からそちらを視野に入れておいたほうが良いでしょう。

【CP+の良いところ】
私はCP+に行くまでは、「発売前の新製品に触れられるのは別として、いろんなカメラの試用ができて説明が聞ける程度なら、量販店と大差ないのでは?」と思ってました。でも絶対的に違うのは、その場で買えない、裏を返せば買わなくて良いところです。

お店だと、最終的に「で、どれ買うの? 買わないの?」という話になるので、質問も「買うための決断に必要になりそうなこと」に偏らざるをえません。

でも、CP+ではそんなことを気にせず、製品の特徴だったり、前モデルとの違いだったりと聞きたいことを聞きたいだけ聞いて、ありがとうございました~と気持ち良く終了することができるんです。

しかも、説明員さんはそのメーカーの人ですから詳しいことはこの上なく、仕事柄、他社の製品も研究してますから、それも踏まえて自社製品の強み弱みもわかってらっしゃる。それでいてセールストークはしないので、等身大の説明を聞くことができます。

また、お店ではガラスケースの中に入っているようなお高いレンズも、CP+では比較的気軽に試せたりするのは嬉しいところです。試したって、特に感想を求められたりもしませんし。

何より、たくさんのメーカーが一堂に介しています。都心に住んでいても、銀座のニコンショップと、小川町のオリンパスプラザと、品川のキヤノンプラザSと……とあちこちハシゴするのはやっかいですし、地方在住者ならなおさらでしょう。1つの場所で、いろいろなメーカーのカメラに触れられる機会は貴重です。

周辺には写真を撮るのに適したスポットもたくさんあるので、会場に行ってみて、混んでて嫌だなと思ったら撮影しながらの街歩きにシフト・チェンジするのもありだと思います。今年の展示は、例年より三脚などの機材やプリント用の紙のメーカーの出店規模が大きくなり、フォトブックやスマートグラス、空撮用のラジコン機などカメラ以外の商品の展示も増えていたような印象を受けました。昔は機材が高価で扱いも難しく、敷居が高かったカメラの世界ですが、デジタル化によって一般の人にもぐっと身近な存在になりつつあるのを感じます。

ちょっとカメラに興味を持ち始めた方はぜひこの週末、CP+ 2015に足を運んでみてはいかがでしょうか。