こんにちは、ナギです。
久しぶりに引っ越しすることになり、この2カ月ほどは物件探しに奔走していたのですがようやく落ち着けそうです。

これまで住んでいた部屋はわりとトントン拍子に決まったので、いざ引っ越しましょうとなった時は「部屋ってどうやって探すんだっけ……?」という状態でした。

また次の部屋を探すのはしばらく先になるでしょうし、今回初めて知ったことや、考えたことを書き残して置きたいと思います。

●希望を決めましょう

まずは、自分の希望条件を考えて書き出してみましょう。以下に挙げるのは、たいていの不動産屋さんでまず聞かれることです。

【間取り】
間取りって言ったら1R、1K、1LDK、2LDK……って、そんなのわかってるよ! という話ですが、1Kや1LDKよりはるかに広い1R、1LDKより狭い2LDKなども存在するのであなどれません。部屋数が重要なのか、全体の広さ(㎡数)があれば良いのか、どっちでも良いのかで選択の幅が変わります。

お世話になった不動産屋さんいわく、都心は1Kないし1LDKが圧倒的に多いそうです。今回は2LDKを探していたのですが、そもそも物件数自体が少ないし、条件の良い部屋はなかなか空かないとのこと。確かに、ほど良い2LDKはなかなかなく、途中から、広めの1LDKないし1LDKSでも良いことにしました。

ここで「『S』ってなんなの?」という話ですが、不動産的に「1部屋にはカウントできないスペース」らしいです。ある不動産屋さんでは「外に面した窓がない部屋」という定義を聞きましたが、いろいろな間取り図を見ていると必ずしもそうではない様子。広さも3畳~6畳以上と私が見ただけでもさまざまだったので、2LDK(以上)を探すのであれば、「S」を最初から外して考えないほうが良いと思います。

また、建物の構造上「四角ではない部屋」や「四角ではない収納スペース」がある物件はよくあるのですが、思いのほか使いにくいことに気をつけてください。私は以前、四角ではあったのですが「すべての壁面に窓かドア、収納がある(全面壁という場所がない)」部屋に住んだ際、家具のサイズや置き場所がかなり限定されて苦労した思い出があります。

【階数】
防犯面や、昨今のゲリラ豪雨による浸水リスクを考えると2階以上、なんなら3階以上が望ましいと個人的には思います。2階以上でも、ベランダ付近によじ登れそうな木が生えていたりしないかなどは要チェックです。

「そんなたまにあるかどうかのアクシデントの可能性は気にしない」というようなら、立地が良い物件も1Fの部屋なら空いている率が高かったり、家賃が安かったりするので悪くないと思います。ただし、防犯には気をつけてくださいね。

【最寄り駅】
通学や通勤などの都合を考え、いくつかピックアップします。強いこだわりがあれば別ですが、最初の時点では、ざっくり「◯◯線沿線」などで良いでしょう。いろいろ見ていくとそのうち自然に絞りこまれます。

【駅徒歩】
「絶対近くなきゃイヤ!」とか「むしろ自転車で通いたい」などあると思いますので、これはお好みで。とは言え、駅に近いと便利なのは間違いありません。

不動産屋の「1分」は80メートル換算だそうですが、賃貸情報サイトの検索条件が「3分以内/5分以内/7分以内/~」だったりするために、本当は6分とすべき物件を5分で登録してしまうといったケースもあるようです。また、そうでなくても、交差点で信号につかまると平気で数分違ってきます。純粋に入力ミスで間違った情報が登録されている場合もあるので、ある程度住みたい地域が固まってきたら、必ず自分の足で確かめるようにしましょう。

【予算】
家賃は、大体収入の1/3くらいが上限だと言われていまが、あながち間違っていない目安だと思います。たくさんの物件を見ていると、「あと5,000円追加すればもっと条件が良くなるのか~そのくらいなら……」などと思い始めがちなのですが、家賃は固定費です。毎月毎月、必ず出ていきます。1回だけ5,000円追加すれば良いわけではありません。月に5,000円なら年間6万円増えるわけです。というわけで、「ダメ、絶対」のラインは崩さないことをお勧めします。

【その他】
その他の条件も譲れない順に考えておきましょう。「自炊したいから2口コンロ必須!」とか、「バス・トイレ別」、「建物入り口にオートロックが欲しい」などですね。これらは、絶対に譲れないのか、場合によっては譲れるのかも考えておくと良いと思います。

ちなみに私は昨年、今年の辛い経験を踏まえ、「絶対に和室は嫌だ!」というのを掲げていました。万一またあいつらが発生したときに和室だったら、完全OUTですからね……。

こんな感じで条件を絞ったら、次は不動産屋さんへ行きましょう!