前回までのお話はこちら。
徹底駆除! シバンムシ【戦いの序章】
徹底駆除! シバンムシ【知っておくべき基本情報】
徹底駆除! シバンムシ【どうしたら退治できますか】

今回のシバンムシ退治で何に困ったかって、発生源がわからなかったことです。部屋はフローリングだし、今まで一度も虫なんてわいたことがありません。しかし、これだけの数が飛んでるのだからどこかに城が築かれてしまったのは事実……というわけで、シバンムシ駆逐作戦が始まりました。


(1)とにかく捨てる
シバンムシの発生源がわからずに困っている人は、大概「フェロモントラップを使え」という情報に行き当たると思います。でも、「部屋はわかってるんだよ、この部屋のどこだかがわかんないんだよ!」という方は大勢いることでしょう。私もそうでした。

そんな私がとった行動は「とにかく捨てる」。もうこれしかありません。何をどう調べても、部屋単位以上に発生源を絞り込む方法はないのです。もったいないとか言ってる場合じゃない!

最初のうちは、「これは大丈夫だよね」などと選別していたのですが、最終的には怪しきものは罰せよ方式ですべて捨てました。 キッチンからは米、粉物、乾麺、胡椒を含む香辛料、粉末ダシ、お茶類にカレールー、トムヤムクンの素を未開封のものも含めて全部廃棄。ついでに乾物整理に 使ってたクラフト紙製の箱も廃棄。腐葉土を使っている観葉植物も疑わしいので、300円で買ってすくすく成長していたポトスもごめんなさいしました。

(2)発見したシバンムシは駆除
見 つけたらとりあえずティッシュで捕らえて潰す。そのうち、「ティッシュを1枚ずつ使っていると非経済的なので、半分に割いて使う」という省エネ技が誕生し ました。また、フローリング用のコロコロがあると、壁のちょっと高いところや天井にとまっているシバンムシを駆逐しやすいです。

途中から数が多くてやっていられなくなり、殺虫剤「虫コロリアース」を導入。これでなくても良いと思いますが、シバンムシに効く殺虫剤でいちばん手に入りやすいのはコレでした。

使い方は単純で、噴霧→落ちたところをがさっと集めて潰してポイ。噴霧するとどうしても床に落ちるシバンムシ+霧状の殺虫剤の拭き取りには、100均で売っているフローリング用のウェットシートが便利です。

(1)と(2)を何日か繰り返していたのですが、飛んでいるシバンムシの数にあまり変化が見られなかったので、さらに廃棄に拍車がかかりました。ヤケクソとも言います。この辺りから、シバンムシより断捨離に夢中になり始めました。